残暑お見舞い申し上げます

2020.08.08 Saturday

0

    20残暑見舞い

     

    コロナに加えて、猛暑が続いております。

    みなさまご自愛ください。

    今年も月下美人咲きました

    2020.07.15 Wednesday

    0

      7.15月下美人4

      今年も月下美人咲きました。一輪だけですが。

      梅雨が長く続き、雨が多いのと気温が上がらない所為なのか、例年より遅めです。

       

      19時前から開き始め

      7.15月下美人1

      21時頃にはほぼ開ききった感じです。

      7.15月下美人3

      翌日は萎れてこんな感じで垂れ下がってしまいます。

      7.16月下美人

      初めての光明池

      2020.06.25 Thursday

      0

        取水塔

        和泉市に引っ越して長く経ちますが、初めての光明池です。

        コロナの影響で引きこもり生活が続きウオーキングもしていなかったので急に思い立って出掛けました。

        田植えが済んで間もない田んぼが広がる中をブラリ。久し振りにカブトエビを見ました。

        三林の先の緩やかな山道を登ると目の前が開けて、やっと光明池に着きました。

        マスクをしての歩きは呼吸がしずらくここまでで既に汗だく、水分補給で人心地。

        なにやら像が見えたので近くにより確認すると、光明池の名前の元となった光明皇后と鹿の像でした。

        不思議な話が紹介されてました。

         「智海上人という僧が修行中に小便したのを偶然舐めた雌鹿が身ごもり産み落としたのが、なんと人間の女の子・・?

         村の老女に育てられ田植えをしていた時に、槙尾寺に勅使として参詣帰りの藤原不比等が光り輝く少女に出会い光明子と名付け養女にした・・。

         (その場所は、槙尾川をさらに下った現在の室堂あたりとか)

         成長するにともない少女は艶麗さを増し、聖武天皇のもとに入内し常にその側に侍り、天平八年(736) に皇后となった。

         仏教を好み、多くの寺院を建立したが、この地はみずからの誕生の地だということで寺院を建て安楽寺と名付け、

         平安時代の承和年中に国分寺としたという。六十歳で崩御。

         (手だけは鹿だった為、布で覆っていたのが足袋の起源だという・・。)」

          *奈良の法華寺の十一面観音像は光明皇后を模したものと伝えられる。

         

        光明皇后

        その後光明池の周りをブラリ、背の高いケヤキが続く遊歩道は気持ち良い。

        コミュニティー体育館前には面白い石のオブジェがあったのでパチリ。

        石のオブジェ

        さらにブラリ、アーチが美しい光明池大橋を渡った所から引き返す。

        光明大橋

        夕暮れの田んぼが広がる中を帰りました。久しぶりの10,000歩オーバーでした。フ~。

        田んぼ

        靭公園で一休み

        2020.05.28 Thursday

        0

          靭公園

           

          今年になって初めてでしょうか、大阪市内に出かけました。

          車で市内に出かけるのも久しぶりで、空いてる道を選んだつもりで府道29号の湾岸コースにしましたが、

          トラックやトレーラーに囲まれた上に道路工事で1車線になる区間では渋滞が続き大失敗。

          しかしながら、流通を担うドライバー達の活躍を実感できました。感謝です。

          渋滞のおかげで予定は狂い、昼食を済ませてから目的地へ行く事に。

          靭公園近くのパーキングに車を止め、食事ができる所を探しますが、休業要請が緩和されたのでどこの店も満席状態。

          やっと見つけたインド料理店でカレーを頂きました。今年初めての外食です。

          店内はコロナ自粛から一山超えた開放感が漂っていました。

          公園も多くの家族連れやビジネスマンで賑わっていました。

          このまま平穏な日常が戻ることを願うばかりです。

           

          松尾寺の奥をブラリ

          2020.05.11 Monday

          0

            倒木

             

            巨大筍コロナの影響で引きこもりが続き運動不足解消の為、

            人気が少ないであろう近場の松尾寺の奥をブラブラ。

            時代劇のロケ地にも使えそうな長閑な風景が広がっています。

            周りの林からは「ホ〜ホケキョ〜」と鶯の鳴き声が絶えません。

            口笛で真似てみますが、なかなか簡単にはいきません。

            稀によくできた時には、それに合わせてひと鳴き返してくれたのか・・、ってのも有りましたよ。

            「ケーン・ケーン」と一度だけですが雉の鳴き声も。

             

            初めて入る脇道では、一昨年の台風21号の被害と思われる倒木が!

            根元に近いあたりは直径60cmは有りそうな立派な巨木を根こそぎ倒してしてしまう風の威力にビックリでした。

             

            これでも筍というのでしょうか5mは有りそうなのもありました。

            強い生命力を感じます。

             

            The Rolling Stones 新曲 [ Living In A Ghost Town ]

            2020.04.25 Saturday

            0

               

              Stones

              [  "You Can't Always Get What You Want" | One World: Together At Home ]

               

              こちらは下の動画の演奏風景をイラスト化しました。

              これを描いてる時にはズ〜っとYouTubeでコンサートLiveを流してました。

              イヤ〜 最高ですねぇ。

              ミックもキースも76才ですよ!チャーリー・ワッツは78才ですよ!

              こんなに長生きするとは思わないから最後かもしれないなんて思って1990年東京ドームまで観に行きましたよ。

              新曲 [ Living In A Ghost Town ] も素敵です。

              まだまだ精力的に活動を続けて頂くことを願っております。

              The Rolling Stones perform "You Can't Always Get What You Want" | | One World: Together At Home

              2020.04.21 Tuesday

              0

                The Rolling Stones perform "You Can't Always Get What You Want" | | One World: Together At Home

                 

                https://youtu.be/N7pZgQepXfA

                 

                2020.04.04 Saturday

                0

                  宮ノ上公園

                   

                  久々の投稿です。

                  昨年暮れに身内が亡くなり初詣も行かず、コロナウイルスのせいで予定していた4月のクリエイターEXPOも10月に延期となり、

                  ウオーキングに出るのも億劫になり、BookOffにも行けず、長〜い引きこもり生活をしております。

                  今日は田舎にできる温泉施設に私の作品が展示してもらえる事となり、箱詰めの梱包材を買いにホームセンターへ。

                  思いのほか店内は賑わっていて、危機感が薄いのかネットでしか手に入らないからか、マスクをしていない人を何人も見かけた。

                  その後、宮ノ上公園へ桜を観に行く。

                  いつもの休日と比べると人の数は少ないものの、意外とたくさんの小さい子供やママさんパパさんが好天のもと花見を楽しんでいました。

                  久々の外出ついでにと久保惣美術館そばの松尾川河川敷公園をぶらりぶらりとお花見。

                  元気な子供達が遊んでる姿に癒される。

                  この平和な光景が冒されないのを願うばかりです。

                   

                  松尾川公園

                  ツクシも距離を置いて生えていました?

                  20ツクシ

                  久し振りの上野公園そして初めての芸大

                  2019.12.10 Tuesday

                  0

                    19.12.10上野公園

                    19.12.10ロダン

                    ロダン「地獄の門」「カレーの市民」とブールデル「弓をひくヘラクレス」

                    19.12.10芸大1

                    19.12.10芸大2

                    19.12.10芸大4

                     

                    久し振りの東京です。いつものように上野公園へ。

                    見事な紅葉&黄葉。芸術の秋です。

                    初めて東京芸大へ行ってきた。

                    校舎の周りには、偉大な先輩の銅像が点在します。

                    左:岡倉天心像、右:石川光明像

                     

                    学生の作品の展示が無料で公開されていたのでブラリブラリ鑑賞。

                    流石に日本の最高峰。レベルが違います。

                    こだわりも技術も展示の仕方も既に出来上がっている。

                    その中で、撮影出来なかった仏像の模刻、

                    尾形光琳の屏風絵の模写作品は、改めて元の作品の凄さを

                    確認出来るという、皮肉な存在となっていた。

                    技術的には凄いが、エネルギーを感じなかった。

                    本家からは圧倒されるような発散されるエネルギーを感じる。

                    (なんと!上から目線!何様だ?俺は)

                     

                    下の白い巨大な骸骨の中は茶室になっていた。

                     

                    この後、国立博物館に行ったが1階が工事中で好きな分野が観られず。

                    芸大のミュージアムショップに行けば良かった。残念。

                     

                    一番下の因幡鳥取藩邸の門は博物館側から見たことは有りましたが

                    こちら側から見たのは初めて、鳥取県出身としては誇らしい存在です。

                    三十二万五千石、石高ランキング13位に恥じないものです。

                    最後の藩主池田慶徳は水戸藩主徳川斉昭の五男(庶子)で、

                    徳川慶喜は同年生まれの異母弟、備前岡山藩主池田茂政は同母弟。

                     

                     

                    *東京藝術大学大学院美術研究科 博士審査展

                    http://dr-exhibition.geidai.ac.jp/2019/

                    19.12.10芸大3

                    19.12.10因幡藩門

                    紅葉の松尾寺

                    2019.11.23 Saturday

                    0

                      19.11.23松尾寺1

                       

                      良い天気なので近場で紅葉を観に行こう!と言う事で松尾寺へ行ってきました。

                      以前はどうって事なかった石段がきつく感じるようになりました。運動不足です。

                      山門を潜ると紅葉が見えてきました。見上げると真っ赤っかです〜。

                      普段は静かな寺ですが、多くの観光客が写真を撮っていました。

                      国の重要文化財に指定されている「如意輪陀羅尼経」「孔雀経曼荼羅図」等多くの文化財が保存されているようですが、観た事はありません。
                       

                      19.11.23松尾寺2

                       

                       672年に役小角が当地で7日間修法し、霊木を得て如意輪観音を彫り、小堂を建てて安置したことに始まる。
                       その後、泰澄が中興し、熊野、吉野、白山の権現を勧進した。
                       平安時代には「日本往生極楽記」や「今昔物語]」などに記されている。
                       鎌倉時代には源頼朝が祈祷所として保護している。
                       最盛期は、南北朝時代から室町時代であり、寺領7000石、寺坊308名、僧兵は数千人を数えたという言い伝えが残っている。
                       南朝との関係が深く、1336年後醍醐天皇綸旨によって祈祷所となり、以後も南朝から度々祈祷を命じられていたという。
                       南北朝統一後は足利義満ほか代々の将軍も祈願所として、寺領安堵を行ったとされる。
                       織田信長も1577年禁制を下して松尾寺の保護を一旦は約束したが、4年後紀州高野山攻めの際に松尾寺も攻撃し、
                       松尾寺を含む阿弥陀山諸堂を丸ごと焼き払ってしまった。
                       現在の松尾寺は、その後、豊臣秀頼の寄進などにより再建されたものである。

                       

                      19.11.23松尾寺3

                       

                      19.11.23松尾寺4

                       

                      塔頭の宝瓶院の庭:行基菩薩が掘削した井戸があり、仏前に供える水を現在も汲むことができます。

                      19.11.23松尾寺6

                      松尾寺公園に登る道の途中には手入れされた竹林があります。タケノコ狩りができるようです。

                      19.11.23松尾寺7